当園について

当園のプロフィール

札幌大学めぇ〜ずこども園

札幌大学めぇ~ず保育園は、株式会社札幌管財センター が札幌大学の西岡キャンパス内に設置した企業主導型保育園です。
本園を囲む豊平区西岡や福住といった地域は、札幌大学・札幌大学女子短期大学部の発展とともに人口を増し、豊かな住宅街を形成してきたところですが、その初期の頃に移住されてきた方々は老後の住まいに都心を選択されるようになり、新たに子育て世代を迎えることが、地域全体の課題となっています。
札幌大学めぇ~ず保育園は、企業主導型保育園として株式会社札幌管財センターや札幌大学・札幌大学女子短期大学部の教職員のお子さんを預かるとともに、緑豊かで清澄な環境にある本園を広く地域にお住まいの方や、地域で働かれる方にもご利用いただくことにより、西岡や福住地域の子育て環境の充実に貢献し、これらの地域の持続的発展に寄与してまいります。

保育方針

はじめに
乳幼児が保護者から初めて離れる環境としての「札幌大学めぇ~ず保育園」では、
乳幼児・保護者・保育にかかわる職員が一体となって、乳幼児の成長を促し、
共に喜び合える保育園創りを目指しています。

保育目標

にこにこ 笑顔
乳幼児や保護者、保育にかかわる職員が信頼しあうことで、安心感が生まれ、行動も広がり、笑顔が輝きます。保護者、保育にかかわる職員が、嬉しいこと、困ったこと、心配なことを共有し、【にこにこ 笑顔】あふれる保育を行う。
もりもり 元気
よく食べ、よく寝て、よく動くことで乳幼児の成長発達が促されます。乳幼児一人一人の発達状況や個性を把握し、個々に応じた、食育、運動、遊びを行う。そのために安心、安全な環境を整える。健康で積極的に行動できる体つくりをすることで、【もりもり 元気】いっぱいの保育を行う。
いきいき 生活
日々生活をすることで乳幼児は多くのことを体験します。乳幼児にとって遊びそのものが生活となり、成長発達が促されます。その中で基本的な生活習慣を身につけ、自己を表現することができ、困難なことにも挑戦したり、できた喜びを感じたりします。そして仲間意識が生まれ、思いやりの気持ちが芽生えてきます。何に対しても興味関心をもち、【いきいき 生活】できる保育を行う。

施設紹介